Translate by Google

Swallowハンドルへの換装(その1)

ハリケーンさんのミニスワローを装着しました

【2017.04.30】

ハンドルの選定→調達まで

2015年の冬に購入後、ミラーやブレーキ類の角度を調整した程度で放置していたGB250 Clubmanですが、いわゆる「Cafe Racer」スタイルへのモデファイを密かに決意し、この2017年春に一気にパーツ調達→作業を開始しました。

第一弾は、ハンドルとミラーの交換。

私の乗ってるクラブマンは最終型ですので、初期型の一文字ハンドルとは違って、ちょっとアップしたコンチハンドルが標準なのですが、元々がGSX-R750K4と交換して手元に来たバイクということもあり、なんつーか、乗ってて眠くなるんですわ。乗り換え当初はそれもまた良して感じだったんですけれど、絶対的な速度が遅いのはイイとしても、操ってる感じが希薄というか...。けどまぁ、標準的なネイキッドのポジションと比べると、それでもまだ前傾している方だと思うんですけどね。

とはいえ、一気にセパレートハンドル化ってのも敷居が高いので、まずは、換装が比較的簡単なハンドルバーの交換でしっくりくるポジションを探っていくって作戦です。

ってことで、換装例をざっくりGoogleしたところ、ちゅう太さんがハリケーンのコンドルハンドルを逆付けした、「GB250カフェ化計画」ってコンテンツを参考にさせていただき、

 ・同じハンドルに交換したレポがWeb上に複数あっても仕方がない
 ・コンドルの逆付けはポジションがきつすぎ、かといって正付けだと上すぎる

ってことで、ちゅう太さんの選んだメーカーと同じハリケーン(大阪単車用品工業株式会社)の、「ミニスワロー」に的を絞り、地道にヤフオク出品を待つこと3週間、1100円で中古品を無事落札する事が出来ました。ちなみに送料は着払いで1134円でしたので、計:2234円でした。新品が4500円程度ですので、まぁまぁ安く手に入りはしましたが、やっぱ、送料がバカバカしい感じではありますね。^^;

届いたミニスワローハンドル
中古品ですがバーには穴を開けた形跡もなく、若干錆びてはいましたが、スチールウールで磨けば錆は綺麗に落ちました。出品者の他の出品物から想像するに、おそらくXR100モタードで使ってたものっぽいです。


ミニコンドルのGB250への装着実績があるとはいえ、モンキーやエイプなどミニバイクでの利用を想定したサイズ設定ですので、グリップ幅やスイッチボックスサイズの大きいGB250のスイッチ類が綺麗に収まるのかは、事前情報だけでは正直微妙な感じでした。



ハリケーンさんのハンドルは、サイト上にサイズが明記されているのですが、一番心配だった、グリップを取り付ける部分の長さが不明だったので、ざっくり実測すると、約20cmほどありましたので一安心です。これなら、単純に打ち込むバーエンドでも、ぎりぎり収まる感じです。

バーエンドから溶接部分までは実測20cm弱って感じです

ってことで、続きはまた後日。

2 件のコメント:

  1. はじめまして、chiutarです。
    ぼくのブログを見ていただいたようでありがとうございます!!
    スワローハンドルもかっこいいですね。大変参考になります。
    ぼくもいろいろと検証したら、今後アップしていきますので
    今後ともよろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは!返信遅れてごめんなさい。また、勝手にリンクさせて頂いており、申し訳ないです。chiutarさんの投稿がなければ、多分ずっとノーマルハンドルで乗ってた気がします。こちらこそ、よろしくお願いいたします!

      削除